jFaxの評判・口コミから見るサービスの特徴、送信・受信方法、解約手順

jFaxの評判・口コミから見るサービスの特徴、送信・受信方法、解約手順

jFaxは月額990円のリーズナブルな価格で、毎月送信50枚・受信100枚まで無料で利用できるインターネットファックスです。東京03のファックス番号を利用できるため、jFaxは東京の事業主様に特におすすめのインターネットファックスとなっています。

本記事では、jFaxの評判・口コミからみるサービスの特徴、送信・受信方法、料金体系、解約手順についてご紹介していきます。

jFaxの評判・口コミから見るサービスの特徴

jFaxの評判・口コミから見るサービスの特徴

jFaxは東京の事業者におすすめしたいインターネットファックスです。東京で起業される事業者様やファックスの導入・インターネットFAXへの切り替えを検討されている企業様は、是非jFaxの利用を検討してみてください。

月額料金が安くてランニングコストを抑えられる

jFaxはインターネットファックスの中でも特に月額料金の安いサービスです。世界的に最も人気のあるeFaxと同じ運営企業がサービス提供しており、リーズナブルな価格ではありますが安全性・信頼性も抜群です。

東京03のファックス番号を利用できるのが嬉しい

また、jFaxはeFaxとは異なり全国の都道府県の支配局番をファックス番号として利用することはできませんが、東京の「03」のファックス番号を使用することができます。

IP番号(050)のファックス番号も利用できるため東京以外の事業主様でも利用できますが、やはり電話番号と同じ市外局番の方が対外的な信頼性は上がりますので、その場合はeFaxの方を利用することをおすすめします。

海外にもリーズナブルな価格でファックスを送信できる

jFaxは海外企業が運営しているサービスであるため、海外にもリーズナブルな料金体系でファックス送信をすることができます。

国外企業と取引がありファックスの送受信が必要な場合にはjFaxの利用を検討してみると良いでしょう。

送信時に利用できるファイル形式が少ない

ただし、jFaxを利用する際には送信の際に利用することのできるファイル形式が少ない点について注意しておくことが大切です。eFaxではほぼ全てのファイル形式に対応しておりますが、jFaxで対応しているファイル形式は以下のものになります。

  • PDF
  • Word:doc,docx
  • Excel:xls,xlsx

上記以外のファイル形式でファックス送信をしていきたい場合には、jFaxではなくeFaxの利用を検討してください。

>>eFax公式サイトはこちら

jFaxの登録方法・ログイン方法

jFaxの登録方法・ログイン方法

ここからはjFaxの登録・ログイン方法について確認していきましょう。

30日間の無料トライアル期間がある

jFaxには30日間の無料トライアル期間があるため、アカウントを作成する際にはまずこの無料トライアル期間の申し込みをすることになります。なお、トライアル期間中に解約した場合は料金は発生しませんので、初めてインターネットファックスを利用する方にもjFaxはおすすめです。

jFaxの登録手順

jFaxの登録手順は下記の通りです。登録完了メールにログインに必要なログインIDとPINコードの記載がありますので、忘れないように大切に保管しましょう。

  • jFaxの公式サイトにアクセス
  • 「無料トライアルのお申し込みはこちら」をクリック
  • 希望プランを選ぶ
  • jFax番号を選ぶ
  • 利用者情報を入力する
  • 支払い用のクレジットカードを登録する
  • 登録完了メールを確認する

jFaxのログイン方法

jFaxに会員登録が完了した後は下記の方法でログインすることができるようになります。受信メールを受け取るメールアドレスを追加・変更する場合などは下記の方法でjFaxにログインしてください。

  • jFaxの公式サイトにアクセス
  • 右上の「ログイン」をクリック
  • ログインID(国番号+ファックス番号から先頭の0を削除したもの)を入力
  • 暗証番号(PIN番号を入力)
  • 「ログイン」をクリック

jFaxの料金体系

jFaxの料金体系

jFaxは月額料金が安く、毎月のランニングコストを抑えながらjFaxを利用したい方におすすめのインターネットファックスです。

サービス名 無料トライアル 初期登録料 基本料金 送信料金 受信料金
jFax
jFaxアイコン
30日間 1,000円 月払い990円
年払い11,880円
1ページ10円
毎月50ページ無料
1ページ10円
毎月100ページ無料

jFaxでは、月額990円と1,000円未満の価格でインターネットファックスを導入することができ、毎月送信は50枚、受信は100枚まで無料利用することができます。

>>jFax公式サイトはこちら

jFaxは東京のファックス利用頻度の低い事業者におすすめ

jFaxは、特に東京エリアのファックス利用頻度が低い事業者様におすすめのインターネットファックスです。仕事をする中でファックスを利用する機会が完全にない企業様は珍しく、利用頻度が少なくてもファックスの機能は用意しておきたいところです。

jFaxを利用することによって、毎月1,000円未満でファックス機能をすぐに導入することができます。

jFaxのファックスの送信方法

jFaxのファックスの送信方法

ここからは、jFaxのファックスの送信方法についてご紹介していきます。基本的な操作方法はeFaxの送信方法と同様です。

宛先に専用のメールアドレスを登録する

jFaxでファックスを送信するためには、登録しているメールアドレスから、指定のメールアドレス宛にファイルを添付してメールを送信します。

指定のメールアドレスとは、「国番号+市外局番以下@jfaxsend.com」のことです。市外局番の先頭の「0」は削除する必要があり、例えば相手のファックス番号が「03-○○○○-●●●●」であるとすれば、指定メールアドレスは「813○○○○●●●●@jfaxsend.com」となります。

PDF/Word/Excelファイルを添付

jFaxで相手に送信したいファックスはメールに添付するだけとなります。jFaxは対応ファイル形式が限られていますのでご注意ください。

メールを送信する

ファイルを添付したら後は送信するだけです。指定メールアドレス宛にファイルを添付してメールを送信することによって、相手にファックスを送信することができます。相手側が複合機などに接続した電話回線のファックスである場合には、送ったファイルが紙で出力されます。

送付状は自動で添付される

jFaxでファックスを送信する場合には、送付状は自動で添付されます。もし送付状が不要である場合には、本文に{nocoverpage}と入力することで、送付状をつけずにファックスを送信することができます。

一斉送信は一度に50件まで

jFaxのファックス送信は、メールを送るだけなので非常に効率的に一斉送信をすることができます。しかしながら、一度に一斉送信することのできる相手先は50件までとなりますのでご注意ください。

送信時間は最大でも15分程度

また、jFaxの送信時間は最大でも15分程度です。基本的には送信してすぐに相手に届きますが、時間がかかる場合もありますのでご注意ください。

jFaxのファックスの受信方法

jFaxのファックスの受信方法

ここからは、jFaxでのファックスの受信方法について確認していきましょう。

「message@inbound.Fax.com」からメールが届く

jFaxでファックスを受信した場合には、登録しているメールアドレス宛に「message@inbound.Fax.com」からメール通知が届きます。

届かない場合には迷惑メールに入っている可能性もありますので受信許可設定をしてください。

受信したファックスがPDFファイルとして添付されている

メールに受信したファイルがPDF形式で添付されていますので確認しましょう。パソコンやスマートフォンから閲覧することができますが、PDFを閲覧可能なビューアーが必要になります。

jFaxの解約・退会方法

jFaxの解約・退会方法

jFaxの解約・退会方法は下記の通りです。30日間の無料トライアル中に解約すれば料金は発生しませんので、安心して無料トライアルを試してみてください。

  • jFaxのお客様専用サイトの解約ヘルプページを確認して連絡先用の電話番号を確認する
  • 電話をして解約する旨を伝える
  • jFax番号とPINコードを伝える
  • 解約完了

東京在住の事業者でファックス利用頻度が少ない場合はjFaxがおすすめ

jFaxは東京在住の事業者様におすすめのインターネットファックスです。月額990円の安い料金で東京03のファックス番号でファックス機能を導入することができるため、東京でまだインターネットファックスを導入していない企業様はぜひ利用をご検討ください。

また、より快適にインターネットファックスを利用したい場合には、世界で最も人気のあるインターネットファックス「eFax」がおすすめです。

jfaxカテゴリの最新記事